更新日:2021年3月12日

ここから本文です。

2019年全国家計構造調査の結果

1調査の目的

家計における消費,所得,資産及び負債の実態を総合的に把握し,世帯の所得分布及び消費の水準,構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的としている。

2調査の期間

2019年10月及び11月の2か月間

3調査の範囲

1調査の地域

総務大臣が指定する2019年1月1日現在のすべての市及び選定した215町村

【鹿児島県】県内全市(19市)湧水町,肝付町,中種子町,徳之島町

2調査世帯

総務大臣の定める方法により市町村長が選定する約90,000世帯

【鹿児島県】二人以上の世帯が1,060世帯,単身世帯212世帯

4県の調査結果

 

1家計収支に関する結果

1二人以上世帯の家計収支の状況

  • 1世帯あたり月平均消費支出は,254,762円。

前回調査(2014年)255,599円に比べて837円(0.3%)の減。

2二人以上世帯のうち勤労者世帯の家計収支の状況

  • 1世帯あたり実収入は,467,561円。

前回調査(2014年)430,858円に比べて36,703円(8.5%)の増。

  • 1世帯あたり可処分所得(実収入ー非消費支出(税金,社会保険料等))は,384,842円。

前回調査(2014年)357,558円に比べて27,284円(7.6%)の増。

  • 1世帯あたり消費支出は,276,239円。

前回調査(2014年)273,903円に比べて2,336円(0.9%)の増。

3単身世帯の家計収支の状況

  • 男女平均1世帯あたりの消費支出は,月平均136,555円。
前回調査(2014年)156,765円に比べて20,210円(12.9%)の減。

4単身世帯のうち勤労者世帯の家計収支の状況

  • 男女平均1世帯あたりの実収入は,月平均267,977円。

前回調査(2014年)310,758円に比べて42,781円(13.8%)の減。

  • 男女平均1世帯あたりの可処分所得は,217,971円。

前回調査(2014年)249,578円に比べて31,607円(12.7%)の減。

  • 男女平均1世帯あたりの消費支出は,月平均165,345円。

前回調査(2014年)227,331円に比べて61,986円(27.3%)の減。

2019年全国家計構造調査(家計収支)結果(PDF:460KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部統計課

電話番号:099-286-2488

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?