ホーム > 健康・福祉 > 社会福祉 > 生活保護 > 生活保護を受けるには

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

生活保護を受けるには

生活保護は病気や障害,事故などにより,自分たちの収入で生活することができなくなった場合に受けられます。
保護には,生活・住宅・教育・医療・介護・出産・生業・葬祭の8種類の扶助があります。
なお,保護は,生活に困窮する者が,その利用し得る資産や能力,さらに民法に定める扶養義務者の扶養や他の法律に定める扶助を優先して活用し,それでも生活に困る場合にその困窮の程度に応じ,必要な保護が行われます。
保護を受けるには,要保護者が急迫した状況にあるときを除いて,本人,扶養義務者,同居の親族のいずれかの申請が必要です。
詳しくは,民生委員,町村役場,福祉事務所に相談してください。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部社会福祉課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?