ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 身体障害者福祉 > 身体障害者の支援 > 身体障害者手帳の聴覚障害の認定方法が見直されました

更新日:2016年2月10日

ここから本文です。

身体障害者手帳の聴覚障害の認定方法が見直されました

平成27年4月1日から,聴覚障害の身体障害者手帳を非所持の場合で聴覚障害2級(両耳全ろう)と診断する場合には,ABRなどの他覚的聴覚検査,または,それに相当する検査(「遅延側音検査」,「ロンバールテスト」,「ステンゲルテスト」など)を実施して,実施した検査方法と検査所見を診断書・意見書に記載し,記録データのコピーを添付することが必要です。

(資料)

「身体障害認定基準の取扱い(身体障害認定要領)について」の一部改正について(PDF:448KB)

「身体障害認定基準等の取扱いに関する疑義について」の一部改正について(PDF:864KB)

リーフレット(PDF:95KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部障害福祉課障害者支援室

電話番号:099-286-2760

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?