ホーム > 産業・労働 > 商工業 > 経営支援 > 経営革新 > 中小企業経営革新支援制度について

更新日:2019年10月15日

ここから本文です。

中小企業経営革新支援制度について

近年の経済的環境の中で,消費者のニーズにあった新商品の開発や生産,新サービスの開発や提供など新たな取り組みにより経営の向上を図ること(経営革新)は,中小企業にとって非常に重要なものとなっています。
これらの今日的な経営課題にチャレンジする中小企業の経営革新を,「中小企業等経営強化法」に基づき支援しています。

【参考】経営革新計画進め方ガイドブック(2019年度版)<中小企業庁>(外部サイトへリンク)

支援の内容

事業者が,「経営革新計画」を申請し,知事の承認を受けると,支援機関等の審査を受けて以下の支援措置を利用できます。

  1. 中小企業経営革新補助金制度
  2. 政府系金融機関による低利融資制度(外部サイトへリンク)
  3. 信用保証協会による信用保証の特例(外部サイトへリンク)
  4. 高度化融資制度
  5. 中小企業投資育成制度の特例
  6. ベンチャーファンドからの投資
  7. 特許料の減免措置
  8. 販路開拓コーディネート事業
  9. 新事業チャレンジ資金(県制度融資)
  10. 海外展開に伴う資金調達支援

経営革新計画の内容

事業者にとって新たな事業活動であって,以下の各類型の事業を含むものが経営革新計画となります。

  1. 新商品の開発又は生産
  2. 新役務の開発又は提供
  3. 商品の新たな生産又は販売の方式の導入
  4. 役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動

経営革新計画の数値目標

経営革新計画の策定に当たっては,以下の二つの指標について,一定基準以上の目標を設定する必要があります。

  1. 付加価値額の向上
    付加価値額又は一人当たりの付加価値額のいずれかについて,5年計画の場合,5年後の目標伸び率が15%以上であることが必要です。なお,3年計画の場合は9%以上の目標伸び率,4年計画の場合は12%以上の目標伸び率である必要があります。
    ※付加価値額=営業利益+人件費+減価償却費
  2. 経常利益の向上
    経常利益について,5年計画の場合,5年後の目標伸び率が5%以上であることが必要です。なお,3年計画の場合は3%以上の目標伸び率,4年計画の場合は4%以上の目標伸び率である必要があります。

承認企業から次のような声が寄せられています

  1. 経営革新に取り組んだことで,知名度・信用力が向上した。
  2. 社内の意識付けが可能となった。
  3. 対外的信用が増し,新たな取引が出来た。など

経営革新計画承認状況

  • 承認企業一覧
  • イノベーション(経営革新)に取り組もう!
  • 事例集
  • 経営革新計画の承認申請書等ダウンロード

    (1)承認申請書

    申請書様式(WORD:130KB)

    申請書様式記載例(PDF:118KB)

    (2)補助様式(上記(1)承認申請書と併せて御提出いただく様式です。)

    補助様式(EXCEL:85KB)

    補助様式記載例(PDF:67KB)

    お問合せ先

    県商工労働水産部経営金融課(10階)

    TEL:099-286-2944FAX:099-286-5576

    E-mail:shien@pref.kagoshima.lg.jp

    よくあるご質問

    Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    このページに関するお問い合わせ

    商工労働水産部経営金融課

    電話番号:099-286-2944

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?