更新日:2017年11月6日

ここから本文です。

技能士について

技能検定

業能力開発促進法に基づく「技能検定」は,労働者の有する技能を一定の基準によって検定し,これを公証する国家検定制度であり,労働者の技能と地位の向上を図り,ひいては我が国の産業の発展に寄与しようとするものである。(旧職業訓練法により昭和34年創設)

た,技能検定は,労働者の技能習得意欲を増進させるとともに,労働者の雇用の安定,円滑な再就職,労働者の社会的な評価の向上に重要な役割を有するとされ,その合格者には,「技能士」の称号と併せて特級,1級及び単一等級については厚生労働大臣,その他の等級においては,都道府県知事より合格証書が交付されます。

実施職種及び等級

施職種及び等級は,126職種,7等級(特級,1級,2級,3級,単一等級,随時3級,基礎級)に区分されています。(ただし,等級区分は職種により異なる。)各都道府県の定める「実施計画」に基づき行われ,本県においては毎年度約60職種(100作業)を実施しています。

技能士になるまでのフロー

特典

能検定は,主として事業所内での能力評価制度として活用されていますが,職種によっては,その合格者に様々な特典が与えられています。
  1. 技能士に付与される特典等(その1)(PDF)(12.52KB)
  2. 技能士に付与される特典等(その2-1)(PDF)(21.83KB)
  3. 技能士に付与される特典等(その2-2)(PDF)(11.31KB)
鹿児島県土木部建築課が所管する工事における「公共建築工事標準仕様書」並びに「公共住宅工事共通仕様書」等に基づく技能検定の職種及び作業について(県発注工事に係る技能士現場常駐制度平成18年4月1日現在)適用表(8.46KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部雇用労政課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?