ホーム > 地域振興局・支庁 > 地域の宝箱!~地域フォトライブラリ~ > 伝統行事の宝箱 > 薩摩の伝統行事!!お田植え祭り「せっぺとべ」

更新日:2009年8月27日

ここから本文です。

薩摩の伝統行事!!お田植え祭り「せっぺとべ」

  お田植え祭り「せっぺとべ」とは,日置島津三代目常久が1595年,八幡神社を総鎮守社と定め,9畝の御新田を寄付したことから始まったか,この時から盛んになったか詳しい発祥は不明ですが,この頃から400年以上も続いている薩摩の伝統行事の一つです。
 
  田んぼの中で飛びはねて泥だらけになっている人達や奉納踊り等はよくテレビで見るのですが,今年は実際に自分の目で見てみようと思い,6月7日(日)(「せっぺとべ」は,毎年6月の第1日曜日に開催されます。)に,「せっぺとべ」に行ってきました。
 
 
せっぺとべ終了!?
大王殿(デオドン)
奉納踊り
せっぺとべ!!

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局総務企画部総務企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?