更新日:2010年8月18日

ここから本文です。

谷山一区の概要

谷山一区

 

港区

番号

名     称

延長

水深

備考

 谷  
 
 
一 
 

( 株)Misumiドルフィン桟橋  113 -5.5

専用

副原料桟橋 61 -6

専用

ドルフィン桟橋 239 -14

専用

1号岸壁 250 -12

公共

2号岸壁 260 -7.5

公共

3号岸壁 270 -5.5

公共

5号岸壁 400 -5.5

公共

6号岸壁 180 -5.5

公共

7号岸壁 260 -7.5

公共

10

8号岸壁 240 -12

公共

11

南物揚場 210 -1

公共

12

南船揚場 20 -1

公共

山 二

13

石油1号桟橋 480 -9

専用

14

石油2号桟橋 280 -5.5

専用

15

東ふ頭岸壁 390 -7.5

公共

 谷山一区は,昭和43年から昭和45年に造成された臨海工業用地(2号用地)に隣接して整備された港区で,2号用地および背後地からの発生貨物を取り扱うために建設が進められました。
 昭和47年には北埠頭に1号岸壁(-12m)250m,2号岸壁(-7.5m)260m,3号岸壁(-5.5m)270mが完成し,同年5月から供用開始されました。
 また,昭和48年には,西埠頭に5号岸壁(-5.5m)400mが完成,続いて昭和60年には,南埠頭に8号岸壁(-12m)240m,7号岸壁(-7.5m)260m,6号岸壁(-5.5m)180mが完成しました。
 現在は,飼料原料の米穀類の外航船,セメント船等の利用に供されています。
谷山一区1-5号岸壁

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局建設部河川港湾課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?