ここから本文です。

シラスと暮らし

本土面積の約6割を覆うシラスは,噴火のときの火砕流や,空中に舞いあがった軽石や火山灰などが堆積したもので,噴火時期は約2万4千年前と推定されている。

ラスは保水性に乏しく,やせた土壌のため農業生産性が低く,さらに台風の常襲地帯という自然条件のもとで先人たちは,主にサツマイモ,ダイズ,ナタネなどの乾燥に強い畑作物を栽培してきた。近年は用水施設の整備などがすすみ,茶,野菜,花なども栽培されている。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?