更新日:2009年4月21日

ここから本文です。

山宮神社春祭り「カギヒキ」「正月踊り」

 山宮神社春祭りは、その年の豊年を祈願する祈念祭で、極めて古い起源をもつものといわれています。現在は2月の第2土曜日に山宮神社で、翌日曜日に安楽(やすら)神社で行われています。
 山宮神社の春祭りでは、「お田植」といって、稲に似せた竹串を境内に植える行事や、浜下りがあります。安楽神社では、境内を田に見たてて水鍬で耕す「田打」、牛面を被ってモカを引く「牛使い」、種籾をまく「種まき」があります。また拝殿の中では、モロムギの枝をもった神職によって舞われる「田植舞」があります。境内では青壮年たちが、田を打つカギで「カギヒキ」をします。いずれの祭りでも、黒頭巾で覆面し、紋付羽織にモモヒキ姿で踊る「正月踊り」が行われます。正月踊りは、出端(では)・お市後家じょ(おいちごけじょ)など9つの踊りからなり、古くは南九州の近郷近在から踊りを奉納にきていたものでしたが、明治以降地元の青年によって受け継がれています。
 
【問い合わせ先】志布志市役所
 

公開日時

 2月第2土・翌日曜日
 

公開場所

 山宮神社、安楽神社
 

開催風景

正月踊り
田の神夫婦
カギヒキ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?