更新日:2018年8月19日

ここから本文です。

藤島武二筆「蒙古の日の出」

藤島武二筆『蒙古の日の出』画像

藤島武二(1867~1943)は,鹿児島藩士の子として生まれる。幼い頃から郷土の日本画家平山東岳について四条派の絵を学ぶ。1890年には,長年の希望であった洋画の勉強のために曽山幸彦の画塾に通い,続いて中丸精十郎,松岡寿にも学ぶ。1893年,三重県尋常中学校の教師となるが,1896年に「白馬会」会員となり,さらに黒田清輝のすすめで東京美術学校助教授となった。1905年から1910年にかけてフランス,イタリアに留学,新しい画風の研究を行った。この作品は,御物の「旭日照六合」の習作の一点である。昭和3年昭和天皇の即位を祝うため御学問所の壁を飾る作品として依頼されている。

展示に関する情報

現在展示中です。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史資料センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?