ホーム > くらし・環境 > 自然保護 > 奄美群島 > 徳之島・林道山クビリ線における利用ルールの運用開始について(2019年夏から)

更新日:2018年9月5日

ここから本文です。

徳之島・林道山クビリ線における利用ルールの運用開始について(2019年夏から)

国・徳之島町・民間団体・県等で構成する徳之島利用適正化連絡会議では,徳之島の貴重な自然環境を保全するため,2019年夏から林道「山クビリ線(やまくびりせん)」(徳之島町)での通行規制を行います。
2019年夏以降,林道山クビリ線を通行する場合は,認定エコツアーガイドの同行あるいは事前の申請手続きが必要となります。規制の趣旨をご理解いただき,ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

詳細は,下記チラシをご覧ください。

山クビリ線利用適正化チラシ(PDF:357KB)

林道山クビリ線通行規制概要(予定)

規制の目的

世界自然遺産登録を目指す徳之島では,利用者の増加が予想されています。
林道山クビリ線においては,車両通行の増加による希少野生動物の殺傷や振動・光等による生息環境の悪化,利用者の増加・集中による希少野生植物の盗掘や損傷,利用体験の質の悪化等が懸念されています。
このため,林道山クビリ線において,通行規制を含む利用ルールを定め,自然環境保全を図ることとしました。

規制期間

2019年夏から(予定)

※具体的な日程が定まりましたら改めてお知らせします。

規制場所

林道山クビリ線 山ゲート~支線ゲート~花徳ゲート間(徳之島町)

利用ルール

2019年夏以降,林道山クビリ線(山ゲート~支線ゲート~花徳ゲート間)のゲートを施錠し,一般車の通行規制を行います。

  • 林道山クビリ線において,野生生物の夜間観察を行いたい方は,奄美群島認定エコツアーガイドが実施するナイトツアー(有料)を予約・ご参加ください。
  • また林道山クビリ線において,研究や教育の目的で通行したい方は,事前の申請手続きが必要となります。徳之島町農林水産課(0997-82-1111)にお問合せください。

奄美群島認定エコツアーガイドとは

奄美群島エコツーリズム推進協議会から認定を受けたエコツアーガイドです。奄美大島エコツアーガイド連絡協議会に所属し,1年以上の実務実績がある/救命救急法の技量を持つ/奄美群島の自然や文化などに関する認定講習を修了している,など9つの要件を満たす必要があります。

認定ガイドの問合せ先などの詳しい情報は,奄美群島広域事務組合のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

その他

現在,林道山クビリ線は2018年7月の大雨による崩落のため通行止めとなっています。危険のため通行しないようお願い申し上げます。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部自然保護課奄美世界自然遺産登録推進室

電話番号:099-286-2759

徳之島町
0997-82-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?