ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 健康かごしま21 > イエローカードキャンペーン > かごしま健康イエローカードキャンペーン強化月間(県・市町村の取組)

更新日:2018年10月12日

ここから本文です。

かごしま健康イエローカードキャンペーン強化月間(県・市町村の取組)

ダンベルくん鹿児島県では,市町村や健康関連団体と連携して,県民の皆様に健康への注意を喚起し,食生活の改善や運動の習慣化など生活習慣の見直しを強く呼びかける「かごしま健康イエローカードキャンペーン」を展開しています。

平成30年度の「キャンペーン強化月間(10月)」の県・市町村の取組予定をご紹介します。

平成30年度の取組予定(平成30年10月1日現在)

市町村

市町村の取組(予定)は、下記のとおりです。

平成30年度の市町村の取組(予定)(平成30年10月1日現在)(PDF:149KB)

▲このページの先頭へ

県民健康プラザ健康増進センター

事業名等 時期等 内容 問合せ先

テーマ『みんなで健康寿命を延ばそう』


(1)健康づくり3ヶ月チャレンジ教室

(2)特定保健指導(集団教室・個別支援)

(3)イベントでの簡易体力測定

(4)特別展示による情報提供

(5)事業所の健康づくり支援

(6)認知症予防教室

 

 

 

 

(1)平成30年9月15日~12月8日

(2)平成30年9月~平成31年3月

 

(3)平成30年10月

 

(4)平成30年10月

 

(5)平成30年10月

(6)平成30年10月4日~12月20日

 

(1)栄養・運動・休養についての知識を楽しく学びながら,個人で無理なくできる生活習慣改善を実施し,肥満や脂質異常症,糖尿病等の生活習慣病の予防・改善を図る教室を開催する。

(2)特定保健指導の積極的・動機付け支援対象者に対して,内臓脂肪型肥満に着目し,健診結果を基に自己の生活習慣を振り返り,生活習慣病の予防・改善を図れるよう,保健指導を実施する。

(3)地域住民を対象として,身体計測と簡易体力測定を実施する。自身の状態を把握することで,健康に対する関心を高め,ロコモティブシンドローム予防を含めた運動習慣を身につけるための情報提供を行う。

(4)10月にはイエローカードキャンペーン強化月間として,館内で脳卒中やCKD予防のための特別展示による普及啓発を実施する。

(5)事業所職員が健康を維持・増進しながら働くため,また,自らが生活習慣病予防,健康づくりを行うことができるよう,労働衛生週間に合わせて健康講話を実施する。

(6)健康度や体力度に合わせて,運動やからだと頭を同時に使う運動(コグニサイズ)を行い,認知機能の維持・向上やロコモティブシンドロームの予防・改善を図る教室を実施する。

県民健康プラザ健康増進センター


(電話)

0994-52-0052

▲このページの先頭へ

県(健康増進課・地域振興局・支庁等)

  1. イエローカードキャンペーンポスター・リーフレットの作成・配付
  2. 広報媒体(県政広報番組,ホームページ,フェイスブック等)を活用した情報提供
  3. 各種研修会・街頭キャンペーン等を活用した啓発活動
  4. 職場ぐるみの健康づくりの促進(「職場の健康づくり賛同事業所」の登録拡大,取組促進,健康講話の講師派遣等)
  5. 「かごしま食の健康応援店」,「女性の健康づくり協力店」,「たばこの煙のないお店」の取組促進(協賛イベント,登録拡大等)
  6. 各健康関連団体での取組促進

関連リンク

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?