ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 生活習慣病・がん関連 > 生活習慣病(がん・脳卒中を除く) > COPD(慢性閉塞性肺疾患)を予防しましょう!

  • 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2016年6月4日

COPD(慢性閉塞性肺疾患)を予防しましょう!

息切れ,せき,たん,ひょっとしてCOPD?

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主症状は息切れや慢性的なせき・たんです

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は,喫煙が主な原因の「肺の生活習慣病」です。慢性気管支炎肺気腫などの病気が含まれます。禁煙によって発症を予防し,また進行を阻止することができる病気です。

フェイスブック公式ロゴ健康かごしま21Facebook(外部サイトへリンク)

COPD(シー・オー・ピー・ディー)は,肺の生活習慣病です

COPD(Chronic_Obstructive_Pulmonary_Disease:慢性閉塞性肺疾患)は,たばこの煙などによって,肺の中の気管支に炎症が起きたり,気管支が枝分かれした奥にある肺胞(空気中の酸素を体内に取り入れ,体内の二酸化炭素を排出する場所)が破壊されて,徐々に呼吸障害が進行する病気です。慢性気管支炎肺気腫」などの病気が含まれます。

長期の喫煙などによって,年齢に伴う通常の変化以上に肺の機能低下が進む病気で,肺の生活習慣病」とも言われます。

息切れ,慢性的なせき・たんが主な症状です。進行すると呼吸不全で命に関わります。

顔面蒼白COPD(慢性閉塞性肺疾患)の主な症状は,坂道や階段の上り下りなど体を動かしたときの息切や,慢性のせき・たんです。

病気が進行すると少し体を動かすだけで息切れするようになります。さらに悪化すると呼吸不全心不全を起こし,命に関わる病気です。

また,呼吸不全だけでなく,全身の健康状態にも影響を及ぼし,心筋梗塞狭心症脳血管障害糖尿病骨粗鬆症うつなど様々な病気の併発がみられます。

COPDの経過

原因の90%以上は喫煙です。別名「たばこ病」とも言われます。

たばこCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因の90%以上喫煙です。40歳以上の喫煙経験者のうち,8人に1人(約12%)はCOPDの可能性があります。

喫煙のほか,受動喫煙,大気汚染,職業上の粉塵や化学物質への曝露も原因と考えられています。

COPDの原因

多くの方がCOPDで亡くなっています

わが国のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)による死亡者数は年々増加しており,平成25年は約1万6,400人もの方がCOPDで亡くなっています。これは肝疾患(約1万6,000人)や,大動脈瘤及び解離(約1万6,100人),くも膜下出血(約1万2,500人)で亡くなる方を上回る人数です。

わが国のたばこの消費量は近年減少傾向にありますが,過去のたばこ消費による長期的な影響と急速な高齢化によって,COPDは今後さらに増加が続くものと予想されています。

鹿児島県では,COPDは県民の主な死因の第9位で,特に男性では第8位です。また,鹿児島県のCOPDによる死亡率(人口10万人あたりの死亡者数)は全国ワースト2位です。(平成26年)

COPDによる死亡率(平成26年)

ほとんどの方が診断や治療を受けていません

全国のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の推計患者数は約530万人ですが,このうち実際に治療を受けている人は約22万人(4.2%)です。(平成23年)

全国で500万人以上がCOPDであることに気づかず,診断や治療を受けていない状況にあると推測されます。

推計患者数と治療患者数

高齢になるほどCOPDの有病率が高くなります

大規模な疫学調査の結果,高齢になるほどCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の有病率が高くなることがわかっています。70歳以上の6人に1人(約17%)はCOPDの可能性があります。

COPDの有病率

 

気になる症状のある方は早めに受診を。早く治療を開始することで悪化を防ぐことができす。

医師息切れ,慢性のせき・たんなど,気になる症状のある方は,早めに,かかりつけ医呼吸器専門医に相談しましよう。

現時点ではもとの健康的な肺に戻す治療法はありませんが,少しでも早く治療を開始することで,健康状態の悪化を防ぎ,日常生活を維持・改善することができます。

COPDは予防可能な病気です。今,たばこをやめれば間に合います。

禁煙COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因の90%以上は喫煙です。禁煙」によって発症を予防し,また進行を阻止することができる病気です。

早く禁煙するほど,発症を予防できる可能性が高くなります。

 世界COPDデー

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の研究と啓発に力を注ぐ世界的な組織GOLDでは,毎年11月中旬の水曜日を「世界COPDデー」に定めています。世界各国で,また日本でも,世界COPDデーを中心にさまざま啓発活動が行われています。

平成27年の世界COPDデーは,11月18日(水曜日)です

2015世界COPDデー

リーフレット

 

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る