ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 疾病対策 > 気管支喘息(ぜんそく)

更新日:2018年12月20日

ここから本文です。

気管支喘息(ぜんそく)

気管支ぜん息(ぜんそく)とは

ぜん息は,空気の通り道である気道(気管支など)に炎症が起き,空気の流れが制限される病気です。気道はいろいろな吸入刺激に過敏に反応して,発作的に咳(せき)や,“ゼーゼー”と気管支が鳴る喘鳴,呼吸困難などが起きます。
15歳以下で発症するものを小児ぜん息とよび,その多くは5歳ぐらいまでに発症します。
16歳以上の発症を成人ぜん息とよび,50歳を中心に40歳,60歳代の方々が多い構成です。

気管支ぜん息の対策及び予防

ぜん息の原因はまだ解明されておりませんが,ぜん息の発作は,ハウスダストやダニ,花粉,食品,薬品などによるアレルギーだけでなく,風邪などの感染症,気候の変化,運動,タバコの煙,心理的ストレスなどいろいろな刺激で引き起こされます。
自己管理の第一歩は,アレルゲンや発作の誘因となるものを見つけて,それらをなるべくさけて暮らす工夫をすることです。
・発作の原因となるアレルゲンや刺激物質を,生活の中から取り除く「環境整備」
・病気の抵抗力をつける「体力づくり」等
 
また,気道の慢性的な炎症をおさえ,症状や発作をコントロールするための「薬物療法」も有効です。

気管支ぜん息の対策及び予防

●大気環境・ぜん息などの情報館(独立行政法人環境再生保全機構)
https://www.erca.go.jp/yobou/(外部サイトへリンク)
●財団法人日本アレルギー協会
http://www.jaanet.org/patient/allergy/asthma.html(外部サイトへリンク)

●アレルギーポータルサイト
https://allergyportal.jp/(外部サイトへリンク)

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?