ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 知的・心身障害児者福祉 > 鹿児島県こども総合療育センター > 就学児に係る県こども総合療育センターの初診診療に係る予約方法の変更について

更新日:2015年6月9日

ここから本文です。

就学児に係る県こども総合療育センターの初診診療に係る予約方法の変更について

県では,発達が気になる学齢期のお子さんが,適切な時期に医療的なアセスメントや診療を受けられ,また身近な地域で早期に支援を受けられるよう,平成27年4月から,県こども総合療育センター(以下「療育センター」という。)の初診診療に係る予約手続を見直しました。

《県こども総合療育センターにおける診療予約手続の見直しに係るイメージ図》(PDF:74KB)イメージ図

(1)【学齢期のお子さんの発達が気になる場合】

  • お子さんの発達が気になる場合,身近な地域で,早期に具体的で継続した療育指導や支援を受けることが必要であるため,まずは,お子さんが通われている学校又は市町村教育委員会へ相談してください。
  • 学校等による指導・支援を受けていない方から,療育センターに初診診療予約の申し込みがあった場合は,療育センターから学校へ連絡を行います。
  • なお,療育センターへの電話及び来所相談については,これまでどおり,直接受け付けます。

(2)【紹介票の送付】

  • 保護者から相談を受けた学校は,必要に応じて,校内委員会を開催し,実態の把握や教育的対応の検討を行い,保護者への助言等を行います。
  • その中で,保護者と協議の上,学校がそれまでの支援内容等を記載した紹介票を作成し,療育センターに送付します。
  • なお,紹介票の作成については,初診の場合のみ必要であり,再診の際は必要ありません。

《紹介票様式》(EXCEL:77KB)

《紹介票様式》(PDF:61KB)

(3)【保護者への連絡】

  • 療育センターは,学校からの紹介票が届きましたら,保護者の方へその旨を連絡し,受診日を後日,調整します。

(4)【学校への連絡】

  • 療育センターは,保護者の了解を得て,学校に連絡し支援内容等を確認します。
  • その後,決定した受診日を学校へ連絡します。(紹介票の内容によっては,その他の機関を案内することがあります。)

(5)【返書の送付】

  • 療育センターは,診断等を行った後,紹介票の送付元の学校に対して,保護者の同意を得た上で,今後の支援に必要な情報を添付した返書を送付し,学校と連携を図りながら,継続した支援をサポートします。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部こども総合療育センター

電話番号:099-265-0005(代表)

保健福祉部こども総合療育センター

電話番号:099-265-2400(相談専用)

保健福祉部障害福祉課

電話番号:099-286-2744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?