ホーム > 健康・福祉 > 衛生・動物愛護 > 食品衛生 > 食中毒関係情報 > 1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください

更新日:2017年4月11日

ここから本文です。

1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください


乳児ボツリヌス症の予防のため,1歳未満の乳児に,はちみつを与えないでください。

乳児ボツリヌス症とは

乳児ボツリヌス症は,生後1歳未満の乳児に特有の病気で,経口的に摂取されたボツリヌス菌の芽胞が,腸管内で発芽・増殖し,産生された毒素が吸収されて起こります。

※芽胞とは,ボツリヌス菌などの特定の菌が作る細胞構造の一種です。加熱や乾燥などの過酷な条件に対して強い抵抗性を持ちます。
芽胞を形成した菌を死滅させるためには,120℃4分以上またはこれと同等の加熱が必要です。100℃程度では,長時間加熱したとしても,殺菌は困難です。

な症状

 

潜伏期間(推定) 3~30日間
症状
便秘
全身の筋力低下
脱力状態
ほ乳力の低下
泣き声が小さくなる
眼瞼の下垂・瞳孔の拡大・対光反射の緩慢
重症の場合,呼吸困難や呼吸停止

予防方法

生後1歳未満の乳児においては,成人とは異なり,腸管内でのボツリヌス菌の定着と増殖が起こりやすいとされています。
生後1歳未満の乳児に,芽胞で汚染される恐れのある食品(はちみつなど)を与えないでください。

関連リンク

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部生活衛生課

電話番号:099-286-2786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?