更新日:2018年7月25日

ここから本文です。

生鮮食品の表示

こでは,前段で紹介した生鮮食品の表示について,詳しく紹介します。
鮮食品は基本的に「名称」及び「原産地」を,包装・外箱,POP等,商品の近接した場所に分かりやすく表示することが必要です。
質表示基準については,品質表示基準一覧(外部サイトへリンク)をご覧ください。(消費者庁HPへリンク)

1産物の表示

(1)産物とは

米穀,雑穀(とうもろこし,あわ等),豆類(大豆等),野菜(にんじん,きゃべつ等),果実(りんご,みかん等)

(2)示事項

名称」

んじん,りんご等,その内容を表す一般的な名称を表示します。

原産地」

産品は都道府県名(市町村名,その他一般に知られている地名でも可)を表示します。
入品は原産国名(州名等一般に知られている地名でも可)を表示します。

(注意事項)

  • 名称は,一般的に知られていれば,「品種名」でも表示できます。
  • 国産品は,都道府県より広い地名(九州など),輸入品は国より広い地名(アジアなど)では表示できません。
  • 豆類等,計量法に規定された特定商品に該当する生鮮食品を密封して販売する場合には,内容量,販売業者の氏名等の表示が必要です。

いたけの表示

いたけについては,「名称」,「原産地」に加え,栽培方法(原木及び菌床)の表示が必要です。
いたけ品質表示基準については,しいたけ品質表示基準(外部サイトへリンク)をご覧ください。(消費者庁HPへリンク)
生鮮食品01

2米及び精米の表示

米及び精米は,生鮮食品に区分されるので「名称」及び「原産地」の表示が必要ですが,これを容器包装,パック詰めした場合は,個別に表示事項が定められています。

(1)示の対象品目

玄米,精米,もち精米,うるち精米

(2)示事項

名称」

米,精米,もち精米,うるち精米等と表示します。

原料玄米」

地,品種,産年,ブレンド米にあっては原料玄米の使用割合を表示します。
:鹿児島県産○○○○○29年産

内容量」

容重量をグラムまたはキログラムで単位を明記して,表示します。

精米年月日」(又は「調製年月日」)

米は原料玄米を調整した日を,精米は原料玄米を精白した年月日を表示します。

販売者」

売者の氏名又は名称,住所,電話番号を表示します。
 

(注意事項)

  • 農産物検査法による証明を受けていない原料玄米については,「未検査米」等と表示し,品種,産年等の表示はできません。
  • 容器包装の表示に用いる文字は,日本工業規格に規定する12ポイント(内容量が3キログラム以下のものは8ポイント)以上の大きさで統一のとれた活字を使用します。
  • 「新米」とは,生産年の12月31日までに精白・包装された「精米」又は包装された「玄米」を指します。

例:平成29年10月に収穫され,30年1月に精白・包装された精米は「新米」と表示できません。

米及び精米品質表示基準については,玄米及び精米品質表示基準(外部サイトへリンク)をご覧ください。(消費者庁HPへリンク)

精米表示例

3産物の表示

(1)産物とは

肉類(牛肉,豚肉,鶏肉,その他の肉類),食用鳥卵

(2)示事項

名称」

肉や豚肉など,その内容を表す一般的な名称を表示します。

原産地」

産品は国産である旨(都道府県名,市町村名,その他一般的に知られている地名でも可)を表示します。
入品は原産国名を表示します。

(注意事項)

  • 畜産物が,2ヶ所以上にわたって飼養されていた場合は,一番長い期間飼養されていた場所が「主たる飼養地」(原産地)となります。
  • 畜産物は,「名称」及び「原産地」のほかにも,食肉公正競争規約(業界の自主規制)により,「部位」や「100グラムあたりの単価」等の表示が必要です。
  • 畜産物をパック詰めして,販売する場合は,「消費期限又は賞味期限」,「保存方法」,「内容量」(計量法により),「加工業者の氏名等」の表示が必要です。
  • 食用鳥卵は,「名称」及び「原産地」のほかにも,「消費期限又は賞味期限」,「保存方法」,「使用方法」,「採卵又は選別包装を行った者の氏名及び施設の所在地」等の表示が必要です。
畜産物表示例

4産物の表示

産物は,一般の生鮮食品同様,「名称」と「原産地」の表示が必要なほかに,養殖したものには「養殖」,解凍したものには「解凍」と表示するよう定められています。

(1)産物とは

魚類,貝類,水産動物類(いか類,たこ類,えび類等),海産ほ乳動物類(鯨,いるか等),海藻類

(2)示事項

名称」

ぐろ,たい等の魚種名など,一般的な名称を表示します。

原産地」

産品は,漁獲した水域名(水域名表示が困難な場合は,水揚げ港またはその港がある都道府県名)か,
殖場のある都道府県名を表示します。
入品は,原産国名を表示します。

養殖」及び「解凍」

殖したものには「養殖」,冷凍品を解凍したものには「解凍」と表示します。

(注意事項)

  • 水産物のうち,「切り身又はむき身にした魚介類」をパック詰めした場合は,「消費期限」,「保存方法」,「製造業者の氏名等」,「生食用であるかないか」の表示が必要です。
  • 水産物のうち,「冷凍貝柱,冷凍エビ」等を密封して販売する場合,計量法により,「内容量」,「販売業者の氏名等」の表示が必要です。

産物品質表示基準については,水産物品質表示基準(外部サイトへリンク)をご覧ください。(消費者庁HPへリンク)

 
水産物表示例

5にあげる場合は,食品表示を省略できます。

  • 生鮮食品を生産(採取,採捕を含む)したその場で一般の消費者に直接販売する場合(田畑,牧場,漁場等)
  • 生鮮食品を設備を設けて飲食させる場合(レストラン等)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課かごしまの食ブランド推進室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?