更新日:2017年10月31日

ここから本文です。

食品表示法の概要

品を摂取する際の安全性及び一般消費者の自主的かつ合理的な食品選択の機会を確保するため,JAS法,食品衛生法,健康増進法の食品の表示に関する規定を統合した「食品表示法」が平成27年4月1日から施行されました。
食品表示法の施行に伴い,これまで上記3法の下に定められていた58本の食品の表示基準が1本に統合されました。
主な変更点は,(1)アレルギー表示の変更,(2)加工食品の栄養成分表示の義務化,(3)機能性表示制度の新設,等です。
なお,加工食品と添加物は,平成32年3月31日までの間,経過措置期間(新ルールに基づく表示への移行のための猶予期間)が設けられています。
生鮮食品は,経過措置期間が終了しました。)

新しい食品表示制度(リーフレット)(PDF:1,232KB)
(消費者向け)知っておきたい食品の表示(PDF:4,481KB)
(事業者向け)早わかり食品表示ガイド(外部サイトへリンク)


上記のほか,食品表示法に関する情報,資料等が消費者庁のホームページに掲載されていますので,ご覧ください。
費者庁ホームページ(外部サイトへリンク)


(参考)従前のJAS法に基づく品質表示
品質表示基準制度の概要
生鮮食品の表示
加工食品の表示

【問い合わせ先】
食品表示110番(食品表示に関する各種の情報や相談を受け付ける県の窓口)
設置場所:県民生活局消費者行政推進室
受付時間:平日の8時30分~16時00分
電話番号:099-286-2533(直通)

県庁食の安全推進課管理指導係(食品表示法(品質事項)に関すること)
電話番号:099-286-2885(直通)
※品質事項
JAS法で定められていた,食品の品質に関する表示の適正化を図るために必要な食品に関する表示事項(原材料名,原料原産地名等)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農政課かごしまの食ブランド推進室

電話番号:099-286-2885

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?