ホーム > 社会基盤 > 都市計画 > 生活排水 > 浄化槽 > 法定検査(定期検査)の効率化について

更新日:2020年3月6日

ここから本文です。

法定検査(定期検査)の効率化について

1定検査(定期検査)の効率化について

化槽の管理者は,浄化槽法の規定により,定期検査を1年に1回受けなければなりません。しかし,本県では指定検査機関((公財)鹿児島県環境保全協会)の検査体制が整わないこと等から,受検率が低い状況です(平成29年度:36.7%)。このため,指定検査機関の検査体制も踏まえ,受検率の向上と問題のある浄化槽の早期改善を図ることを目的に,10人槽以下の浄化槽の定期検査に効率化検査を導入します(令和2年4月1日~)。

広報チラシ
効率化検査の概要について(PDF:142KB)ー表面
法定検査について(PDF:226KB)ー裏面

2率化検査の基本的な考え方

率化検査は,10人槽以下の浄化槽を対象とし,「基本検査(環境省が提唱する基本検査がベース)」,「採水員検査(採水員によるBOD検査」及び「ガイドライン検査(現行検査)」を組み合わせて実施する。

基本的な考え方

3率化検査の実施周期

効率化検査の実施周期

効率化検査のイメージ

注1)字の検査は,当面実施しないことを示しています。
2)題が認められた浄化槽は,改善されるまで毎年ガイドライン検査を実施します。

4題が認められた場合に早期に改善する仕組みと対応レベル

査により問題が認められた場合は,検査結果に基づき緊急度や重要度に応じて対応レベルを設定し,早期に改善する。

早期改善フロー(PDF:58KB)

行政対応レベル

行政対応等について(PDF:165KB)

5査手数料の改正

  • 効率化検査の導入に伴い,検査手数料を引き下げ
  • 基本検査(又はガイドライン検査)の検査手数料と採水員検査の検査手数料の2本立て

検査手数料

6率化検査の導入時期

和2年4月1日以降に実施する定期検査に適用する。

 



 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部都市計画課生活排水対策室

電話番号:099-286-3685

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?