ホーム > 危機管理・防災 > 県内の災害情報 > 平成29年災害関連情報 > 霧島山に関する情報(平成30年7月23日更新)

更新日:2018年7月23日

ここから本文です。

霧島山に関する情報(平成30年7月23日更新)

【新燃岳に関する情報】
平成30年6月28日11時00分,鹿児島地方気象台は,霧島山(新燃岳)の火口周辺警報を発表し,噴火警戒レベル3(入山規制)からレベル2(火口周辺規制)へ引き下げました。
防災情報の警戒事項等(気象台発表)としては,弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口からおおむね2kmまで、火砕流がおおむね1kmまで達する可能性があります。そのため、火口からおおむね2kmの範囲では警戒してください。
風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
地元自治体等が行う立入規制等にも留意してください。また、地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。
なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。

【えびの高原(硫黄山)周辺に関する情報】
平成30年5月1日14時00分,鹿児島地方気象台は霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の火口周辺警報を発表し,噴火警戒レベル3(入山規制)からレベル2(火口周辺規制)へ引き下げました。
防災情報の警戒事項等(気象台発表)として,えびの高原の硫黄山からおおむね1kmの範囲では,噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
風下側では,火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

【御鉢に関する情報】
成30年3月15日11時,鹿児島地方気象台は霧島山(御鉢)の噴火予報を発表し,噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を1(活火山であることに留意)に引き下げました。
災上の警戒事項等(気象台発表)として,活火山であることから,火口内でごく少量の火山灰等を噴出する規模の小さな現象が突発的に発生する可能性がありますので注意してください。
元自治体等が行う立入規制等に留意してください。

 

 

新燃岳の位置図


【登山道】
7月18日から一部登山道(宮崎県小林市管理)が通行可能となりました。

【県道】※7月3日10時00分時点

  • 県道104号霧島公園小林線の通行規制については,7月3日(火曜日)の午前10時に解除されました。

なお,最新の道路情報については,鹿児島県道路通行規制情報(外部サイトへリンク)をご覧ください。

<参考>主要な地点までの新燃岳からの直線距離

新湯分岐地点(県道1号と104号交差) 約3.4km
霧島温泉市場 約5.9km
霧島神宮 約5.8km
霧島市観光案内所 約6.5km
鹿児島空港 約19.9km
霧島市役所 約22.1km

噴火警戒レベルと規制状況

火山ガスに関する情報

交通への影響

鹿児島空港発着便のフライト情報につきましては,鹿児島空港ビルディングまたは各航空会社ホームページでご確認ください。

鹿児島空港ビルディングホームページ(外部サイトへリンク)

観光に関する情報

支援に関する情報

農作物などの被害防止対策

特用林産物の被害防止対策

中小企業者への金融支援

県税の軽減措置など

各種情報

鹿児島県教育委員会

自治体情報

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理局危機管理防災課

電話番号:099-286-2256

PR・観光戦略部観光課

電話番号:099-286-3008

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?