ホーム > 教育・文化・交流 > 文化財・スポーツ > 学校保健 > 脳脊髄液減少症

ここから本文です。

更新日:2020年2月19日

脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症とは

脳脊髄液減少症とは,スポーツ外傷等の後に脳性髄液が漏れ出して減少することによって,起立性頭痛(立位によって増強する頭痛)などの頭痛,頚部痛,めまい,倦怠,不眠,記憶障害など様々な症状を呈する疾患が起こりうることがいわれている疾患です。詳細につきましては,下記をご覧ください。

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁保健体育課

電話番号:099-286-5318

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。