ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > 本館の展示 > 2階展示室 > 鹿児島の大地

鹿児島教育ホットライン24 24時間いつでもあなたの相談を待っています。フリーダイヤル:0120-783-574 直通:099-294-2200 全国統一ダイヤル:0570-0-78310

ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

鹿児島の大地

動く台地

動く大地パネル.jpg

鹿児島は大陸を作るプレートの上にあり、このプレートと海洋プレートが接する付近では、火山活動や地震活動が盛んに起こっています。鹿児島の大地をのせているプレートを紹介します。
  • 震源の分布パネルとプレート

大地の始まり

大地のはじまり標本左.jpg大地のはじまり標本右.jpg

鹿児島の大地の成り立ちは、およそ1億年前にさかのぼります。その当時、鹿児島は深い海の底でした。ここに陸地側からと海洋側から土砂が流れ込んできたことや、アンモナイトなどが生息していた様子を紹介します。

  • 四万十層をつくる岩石等

山を作るマグマ

マグマ.jpg

1万年くらい前の鹿児島は、日本列島の多くの地域と同じように、火山活動が盛んでした。また、県内各地に分布する花こう岩は、このころ地下深いところに入り込んだマグマが冷えてできました。

  • カコウ岩やビカリア化石等

広がるサンゴ海

サンゴの海.jpg

琉球列島の西側が沈み込みはじめたのは、80万~70万年前です。ここに大陸から運ばれた土砂がたまり、また、列島の周りには澄んだきれいな海となって、サンゴ礁が作られました。喜界島などにみられる階段状の地形をつくるサンゴ石灰岩は、ほとんどこのころのものです。

  • 奄美のサンゴ石灰岩や星砂

沈む大地

沈む台地.jpg

県本土の中央には南北に長い溝状の落ち込みがあり、鹿児島地溝と呼ばれています。この地溝は、約300万年前から階段状に少しずつ沈みはじめ、鹿児島湾となりました。

  • 地溝の形成史とシナサイ化石

巨大カルデラの時代

カルデラ.jpg

鹿児島地溝を中心に、いくつかの火山が多量の火砕流堆積物を噴出しました。このため、直径20キロメートルにもなる加久藤、姶良、阿多、喜界の巨大なカルデラがつくられました。

  • 火砕流堆積物や炭化木

桜島火山の歴史

桜島の歴史.jpg

桜島は、約25,000年前、姶良カルデラの南端に誕生しました。この火山のおいたちを、溶岩やその他の噴出物に焦点をあわせて紹介します。

  • 地形模型や溶岩

その他

  • <大型映像>「鹿児島のタイムトラベル-1億年の旅-」鹿児島の大地ができるまでを楽しい映像で紹介します。
  • 桜島が噴火したときに飛んできた、直径2メートルの巨大な軽石「スレッド・レース・スコリア」の展示

スレッドレース.jpg

  • 偏光顕微鏡による岩石薄片の観察

砂岩顕微鏡.jpg

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?