更新日:2017年3月30日

ここから本文です。

個別労働関係紛争のあっせんとは

働委員会では,個々の労働者と事業主との間に労働に関するトラブルが発生し,当事者間で解決を図ることが困難な場合,その解決のお手伝いをする「あっせん」を行っています。
あっせん」は,公益委員(弁護士,大学教授等),労働者委員(労働組合役員等),使用者委員(会社経営者等)の三者によるあっせん員が,双方の主張をお聞きして,歩み寄りによる円満な解決をお手伝いする制度です。(個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律第20条)
労使三者構成によるあっせんは,労働委員会ならではの制度であり,公正かつ丁寧な対応が特徴です。
働者,事業主のどなたでも利用できます。(秘密厳守,無料)

 

 

こんなことでお困りのとき

労働者からの相談例

  • 突然解雇されたが,納得できない。
  • 何の説明もなく,給料をカットされた。
  • 最初に示された労働条件が実際と違う。

 

事業主からの相談例

  • 止むを得ず社員に配置転換命令を出したが,理由なく拒否された。
  • 社員から高額な退職金を要求された。など

 

まずはお問い合わせください。

っせんについては,県労働委員会事務局(電話099-286-3943)にお問い合わせください。(平日8時30分~17時15分)
なお,毎月第4火曜日は,労働委員会委員による「労使間のトラブルに関する無料相談会」も開催しています。

くわしくは→県労働委員会委員による「労使間のトラブルに関する無料相談会」

お問い合わせ先

鹿児島県労働委員会事務局
890-8577鹿児島市鴨池新町10-1(鹿児島県庁15階)
話:099-286-3943

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

労働委員会労働委員会事務局総務課

電話番号:099-286-3943

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?