更新日:2017年1月16日

ここから本文です。

トラブル解決のための3つの制度

個別労働関係紛争のあっせん

別労働関係紛争のあっせんとは、個人個人の労働者と使用者との間の労働条件などに関する紛争を解決するため、労働問題に関し経験豊かなあっせん員(原則公・労・使各1名)が、労使双方からお話を伺い、問題点を整理の上、歩み寄りを促す助言等を行い、話し合いによる解決ができるようお手伝いをする制度のことです。

労働争議の調整

働組合と使用者間の紛争(労働争議)の調整方法には、あっせん・調停・仲裁の3種類があり、そのうちあっせんが最も多く利用されています。

っせんは労働問題に関し経験豊かなあっせん員(原則公・労・使各1名)が、労使相互の主張を整理し、歩み寄りを促す助言等を行い、話し合いにより争議を解決に導く方法です。

不当労働行為の審査

使用者が不当労働行為を行ったと思われる場合には、労働組合又は労働者は救済を申立てることができます。

救済申立てがなされると、労働委員会は審査を行い、不当労働行為と判断した場合は、救済命令を出します。

だし、その行為があった日から1年を経過すると申立てを行うことができません。

た、労働組合が申立てを行う場合は、労働委員会による労働組合の資格審査を受ける必要があります。


よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

労働委員会労働委員会事務局総務課

電話番号:0992863943

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?