更新日:2020年3月30日

ここから本文です。

HIV感染者

現代社会では、感染症に対する正しい知識と理解が十分に普及している状況ではないことから、患者や感染者に対する誤った認識が存在しています。
私達が正しい知識を持ち、理解して、偏見や差別をなくすことが必要です。

現代社会においては、病気、特に感染症に対する正しい知識と理解が十分に普及していないことから、エイズ、結核、ハンセン病などの患者や感染者が職場で迫害を受けたり、入園入学の拒否、医療現場における差別などの問題が生じています。
エイズに関しては、研究が進んだ結果、原因となるHIVウィルスは感染力の非常に弱いウイルスであり、うつりにくい病気であるという理解が進んで来ました。
しかし、依然誤った認識や偏見が存在することも否めません。
患者や感染者が偏見や差別を受けることのないよう、私たちが正しい知識を持ち、理解することが必要です。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局人権同和対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?