更新日:2012年7月28日

ここから本文です。

百疋村弁済使補任状

宮崎県立総合博物館蔵【複製】

「百疋村弁済使補任状(複製)」画像


弁済使(べんざいし)は,平安時代一部の国ないし荘園公領におかれ,官物租米などの徴収にあたる役職。島津荘においては,半不輸領寄郡(よりごおり・よせごおり)のみにおかれ,「荘園の課役」を勤仕せしめることを任務とし,その任用は領家側の推挙,国衙の承認という手続きが必要とされた。
弁済使は,地方にあっては,下司,郡司,院司などとも呼ばれた。富山(とみやま)氏は島津荘にあって領家の命を受けて荘園の事務を司っていたが,安元2(1176)年に百引村弁済使に補任された。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?