更新日:2012年3月2日

ここから本文です。

地券


明治初年の地租改正に際して発行された土地所有の権利証。
明治4(1871)年に条例を公布して改正に着手し,明治9(1876)年に大久保利通が事務局総裁となり,作業を推進した。
本県では着手が遅れていたが,明治9(1876)年に大山県令は改正事業に着手した。しかし作業は難航し,西南戦争のため中断したが,戦争後の明治12(1879)年,岩村県令の手で地租改正に再着手。明治14(1881)年に終了した。地券には,所有者・所在・地目・段別・地価・地祖が書かれている。
明治22(1889)年,地券は廃止され,地祖の徴収を土地台帳によって行う制度へ移行した。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館総務課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?