ホーム > くらし・環境 > 環境保全 > 大気・騒音等 > 大気汚染防止 > 大気環境情報 > 口永良部島における二酸化硫黄の測定結果について

更新日:2017年3月21日

ここから本文です。

口永良部島における二酸化硫黄の測定結果について

成26年8月3日に口永良部島の新岳が噴火したことに伴い,同年9月18日から島内において,自動測定機により二酸化硫黄の測定を行っています。

平成27年5月29日の新岳の爆発的噴火により測定を停止していましたが,同年12月16日から測定を再開しました。

平成28年10月25日に口永良部島全域の避難指示が解除され,二酸化硫黄の濃度も低いレベルであることから,平成29年3月14日をもって測定を終了しました

測定場所

屋久島町口永良部出張所

測定結果

測定結果は,次のとおりです。

(注1)この測定結果は,確定前の速報値ですので,後日修正されることがあります。

(注2)測定結果については,1週間分をとりまとめて,毎週月曜日(祝日の場合は次の平日)に公表することとしています。なお,高濃度時には,随時,測定結果を公表します。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部環境保全課

電話番号:099-286-2627

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?