ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 栄養・食生活 > もっと野菜を食べよう!

更新日:2016年8月18日

ここから本文です。

もっと野菜を食べよう!

野菜を食べよう350(サン・ゴー・マル)

野菜には,「ビタミン」はもちろん,腸内の掃除屋「食物繊維」や,とり過ぎた食塩をからだの外に出してくれる「カリウム」などがたくさん入っています。

成人の野菜の目標摂取量は1日350g以上です。これは日本人の食事状況の調査(国民栄養調査)をもとに,ビタミンC,食物繊維,カリウムの目標量を摂取するために必要な野菜の量を計算したものです。『野菜を食べよう350(サン・ゴー・マル)』と覚えましょう!

でも,鹿児島県の成人の野菜摂取量は1日平均300g程度です。あと50g足りません。

野菜を今よりも1日あたり50g以上,できれば100g以上多くとりましょう。野菜100gは大きめのトマト半分の量です。

野菜と脳卒中

鹿児島県は,「脳卒中」による死亡率が全国平均の1.5倍(全国ワースト5位)と,脳卒中が大変多い県です。また高齢者が要介護や寝たきりになる原因の第1位も脳卒中です。
脳卒中につながる危険因子は,高血圧,糖尿病,脂質異常症,不整脈,肥満,メタボなど。
野菜に含まれるカリウムには食塩をからだから排出して「高血圧」を防ぐはたらきが,また食物繊維には「肥満」や「糖尿病」を防ぐはたらきがあります。
脳卒中をはじめとする生活習慣病を予防し,いつまでもいきいきとした生活を送るために,野菜をたくさん食べましょう!

啓発ポスターをご利用ください

適宜,A3判などに拡大印刷してください

鹿児島県作成

厚生労働省作成

フェイスブック公式ロゴ健康かごしま21Facebook(外部サイトへリンク)

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?