ホーム > 健康・福祉 > 衛生・動物愛護 > レジオネラ症 > 衛生管理 > 公衆浴場・ホテル旅館の浴室等の構造設備の基準

更新日:2017年2月28日

ここから本文です。

公衆浴場・ホテル旅館の浴室等の構造設備の基準

1.ろ過器の基準

ろ過器を設置する場合,次の要件を満たすものとする。

アろ過器は,浴槽水すべてを1時間あたり1回転以上処理する能力が必要。
イろ過器のろ材は,十分に逆洗浄が行えるものを使用する。
ウろ過器の前に集毛器(ヘアキャッチャー)を設置する。
エ浴槽水の消毒に塩素系の薬剤を使用する場合,その注入口又は投入口は,ろ過器の直前に設置する。

2.浴槽に関する基準

(1)原湯・原水の配管と循環配管は接続せず,それぞれ専用の配管で浴槽に直接供給する。
(2)循環している浴槽水は浴槽の底部に近い部分で補給する。

3.回収槽に関する基準

オーバーフロー回収槽で回収した湯水は,浴用には使用することはできない。
ただし,湯量の問題などで使用せざるを得ない場合,回収槽は,地下へ埋設せず,清掃が容易に行え,かつ回収槽内の湯水を消毒できる構造としなければならない。

4.その他の設備の基準

(1)打たせ湯,シャワーには,原湯又は原水を使用する構造とする。
(2)気泡発生装置などの空気の取入口は,土ぼこりが入らないような構造とする。
(3)露天風呂と内湯の浴槽水が混ざらないような構造とする。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部生活衛生課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?