ホーム > くらし・環境 > 食の安心・安全 > 食の安全 > 食の安心・安全の確保 > 消費・安全対策交付金の事後評価

更新日:2021年3月22日

ここから本文です。

消費・安全対策交付金の事後評価

消費・安全対策交付金の事後評価結果について,消費・安全対策交付金実施要綱(平成17年4月1日16消安第10270号)第7の3(5)の規定に基づき,公表します。

消費・安全対策交付金について

将来にわたり安全な食料の安定供給を確保していくために,食料供給の各段階において,科学的知見に基づく適切なリスク管理の取組や,伝染性疾病・病害虫の発生予防・まん延防止による食料の安定供給体制の整備等を,地域の農林水産業や食品流通等の実態に応じて機動的かつ総合的に実施するための交付金です。

評価基準について

以下により評価を行います。
(1)目標ごとに設定した目標値に対する達成度(実績値/目標値)を算出。
(2)目標ごとの達成度を,以下の基準に当てはめて評価を実施。
A:達成度80%以上
B:達成度50%以上80%未満
C:達成度50%未満

事後評価結果

令和元年度消費・安全対策交付金事後評価概要(PDF:113KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部経営技術課

電話番号:099-286-2891

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?