ホーム > 社会基盤 > 河川・海岸 > 河川・海岸の整備効果 > 令和2年7月豪雨に対する河川整備の効果(大里川)

更新日:2021年7月20日

ここから本文です。

令和2年7月豪雨に対する河川整備の効果(大里川)

里川水系大里川では,R1.7洪水により浸水面積約80ha,浸水戸数79戸の被害が発生し,災害対策等緊急事業推進費及び防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策による河道掘削を実施しました。
和2年7月豪雨では,市来町雨量観測局においてR1.7洪水を上回る雨量を観測しましたが,河道掘削による効果が発現し,中福良橋水位観測局地点で約1.1mの水位を低減させ,家屋等の浸水被害を防ぎました。

大里川整備効果(PDF:490KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課

電話番号:099-286-3596

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?