ホーム > 教育・文化・交流 > 学校教育 > 教育助成 > 鹿児島県国公立高等学校等奨学のための給付金について(令和2年度分申請受付開始)

ここから本文です。

更新日:2020年5月7日

鹿児島県国公立高等学校等奨学のための給付金について(令和2年度分申請受付開始)

【申請期間】
○新入生の保護者等で4月から6月相当額の前倒し支給を希望する場合
6月1日(月曜日)まで

○上記以外の申請
7月1日(水曜日)~7月31日(金曜日)

○7月以降の家計急変による申請
随時受付
 
  • 鹿児島県教育委員会では,授業料以外の教育費負担(教科書費,教材費,学用品費,PTA会費,修学旅行費等)を軽減するため,高校生等がいる低所得世帯を対象に,返還不要の「奨学のための給付金」を支給しています。
  • 支給を受けるには毎年,申請手続が必要です。(申請しなければ給付は受けられません
  • 高等学校等就学支援金とは別の手続となりますのでご注意ください。(高等学校等就学支援金や各種奨学制度と一緒に利用できます)

    保護者等向けリーフレット(PDF:665KB)

申請受付期間内に申請ができない場合は,「申請遅延理由書」を提出してください。
※「申請遅延理由書」を事前に提出した場合は,8月31日(月曜日)まで(前倒し支給は6月30日(火曜日)まで)延長可。

申請遅延理由書(PDF:162KB)記入例(PDF:176KB)

(参考)私立学校の場合立学校奨学給付金(鹿児島県ホームページ)

1支給対象者

基準日時点で,次の要件すべてに該当する世帯が対象となります。
※基準日:7月1日(前倒し支給は4月1日,7月以降の家計急変による申請の場合は,申請の翌月(申請が月の初めである場合は申請の月)の1日)
(1)高校生等(1~3年生)が基準日に在学していること
(2)保護者等(親権者)が鹿児島県内に住所を有していること
(3)生活保護(生業扶助)受給世帯,保護者等(親権者)全員の道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額が非課税(0円)の世帯(保護者が父母である場合,どちらも非課税であることが必要です)又は家計急変により所得割非課税世帯に相当すると認められる世帯
(4)児童福祉法による見学旅行費または特別育成費(母子生活支援施設に入所している高校生等は除く。)が措置されていないこと
※里親委託費を受給している世帯に扶養されている高校生等は支給対象外です。

2支給額・申請に必要な書類

支給額パターン例(世帯構成別の支給額)(PDF:301KB)を参考に支給額をご確認ください。

世帯区分

支給額※3
(高校生1人当たり)

申請に必要な書類

生活保護
(生業扶助)
受給世帯

年額32,300円

(1)受給申請書(PDF:239KB)記入例(PDF:367KB)※受給申請書は両面印刷してください。
(2)口座振込申出書(PDF:170KB)記入例(PDF:210KB)
(3)通帳またはキャッシュカードの写し(記入例(PDF:414KB)
(4)生活保護(生業扶助)受給証明書(PDF:73KB)(記入例(PDF:166KB))
(5)在学証明書(PDF:156KB)(県外の国公立高等学校等に在学する場合)
(6)委任状(PDF:180KB)(在学する高等学校による学校徴収金の代理受領を希望する場合)(記入例(PDF:149KB)

非課税世帯
(第1子)

年額84,000円

(1)受給申請書(PDF:239KB)記入例(PDF:376KB)※受給申請書は両面印刷してください。
(2)口座振込申出書(PDF:170KB)記入例(PDF:210KB)
(3)通帳またはキャッシュカードの写し(記入例(PDF:414KB)
(4)課税証明書等
(5)在学証明書(PDF:156KB)(県外の国公立高等学校等に在学する場合)
(6)委任状(PDF:180KB)(在学する高等学校による学校徴収金の代理受領を希望する場合)(記入例(PDF:149KB)

非課税世帯
(第2子以降)※1

年額129,700円

(1)受給申請書(PDF:239KB)記入例(PDF:376KB)※受給申請書は両面印刷してください。
(2)口座振込申出書(PDF:170KB)記入例(PDF:210KB)
(3)通帳またはキャッシュカードの写し(記入例(PDF:414KB)
(4)課税証明書等
(5)対象の高校生等以外に15歳以上23歳未満の兄弟姉妹を扶養していることが確認できる書類
社会保険の場合】健康保険証の写し(記入例(PDF:665KB)
国民健康保険の場合】扶養誓約書(PDF:156KB)(記入例(PDF:261KB))+世帯全員の住民票
(6)在学証明書(PDF:156KB)(県外の国公立高等学校等に在学する場合)
(7)委任状(PDF:180KB)(在学する高等学校による学校徴収金の代理受領を希望する場合)(記入例(PDF:149KB)

非課税世帯
(通信制)

年額36,500円

(1)受給申請書(PDF:239KB)記入例(PDF:376KB)※受給申請書は両面印刷してください。
(2)口座振込申出書(PDF:170KB)記入例(PDF:210KB)
(3)通帳またはキャッシュカードの写し(記入例(PDF:414KB)
(4)課税証明書等
(5)在学証明書(PDF:156KB)(県外の国公立高等学校等に在学する場合)
(6)委任状(PDF:180KB)(在学する高等学校による学校徴収金の代理受領を希望する場合)(記入例(PDF:149KB)

非課税世帯
(専攻科)

年額36,500円

(1)受給申請書(PDF:239KB)記入例(PDF:377KB)※受給申請書は両面印刷してください。
(2)口座振込申出書(PDF:170KB)記入例(PDF:210KB)
(3)通帳またはキャッシュカードの写し(記入例(PDF:414KB)
(4)課税証明書等
(5)在学証明書(PDF:156KB)(県外の国公立高等学校等に在学する場合)
(6)個人対象証要件明書(PDF:83KB)(県外の国公立高等学校等に在学する場合)
(7)委任状(PDF:180KB)(在学する高等学校による学校徴収金の代理受領を希望する場合)(記入例(PDF:149KB)

家計急変世帯
(保護者等の失職等により上記世帯区分(生活保護除く)に相当する場合)

上記世帯区分に応じた支給額※2

(1)受給申請書(家計急変世帯用)(PDF:236KB)(記入例(PDF:361KB)※受給申請書は両面印刷してください。
(2)口座振込申出書(PDF:170KB)記入例(PDF:210KB)
(3)通帳またはキャッシュカードの写し(記入例(PDF:414KB)
(4)課税証明書等(給与収入,扶養親族の記載が省略されていないもの)
(5)家計急変の発生事由を証明する書類(離職票,雇用保険受給資格者証など)
(6)家計急変後の収入見込みがわかる書類(給与明細,会社作成の給与見込みなど)※失業等で他に収入がない場合を除く。
(7)在学証明書(PDF:156KB)(県外の国公立高等学校等に在学する場合)
(8)個人対象要件証明書(PDF:83KB)(県外の国公立高等学校等専攻科に在学する場合)
(9)委任状(PDF:180KB)(在学する高等学校による学校徴収金の代理受領を希望する場合)(記入例(PDF:149KB)


※1象となる高校生等以外に15歳(中学生を除く)以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる世帯
※27月以降の家計急変による申請の場合は,申請のあった翌月以降の月数に応じた支給額となります。
※3立高校等に在学している場合は,支給額が異なります。

3請手続の流れ

申請手続の流れ

4支給予定時期

令和2年12月頃を予定(前倒し支給は令和2年8月予定)
則,申請者の本人名義の口座に振り込みます。
審査状況によって変更する場合があります。

5係規程

鹿児島県国公立高等学校等奨学のための給付金支給要綱(PDF:323KB)
鹿児島県国公立高等学校等奨学のための給付金事務処理要領(PDF:397KB)

在学している高校等の校種別によって,提出先・問合せ先が異なります。

校種別

提出先・問合せ先

鹿児島県内の
国公立高校等

鹿児島県外の
国公立高校等

県教育庁高校教育課企画助成係
:099-286-5288
メールkou-kikaku@pref.kagoshima.lg.jp


立高校等に在学している場合は,各在学高校等の事務室または県庁学事法制課(電話099-286-2146)までお問い合わせください。
護者等(親権者)が県外にお住まいの場合は,お住まいの都道府県教育委員会にお問い合わせください。
各都道府県の問合せ先は,高校生等奨学給付金のお問合せ先一覧(外部サイトへリンク)(文部科学省HP)をご覧ください。

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁高校教育課

電話番号:099-286-5288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。