更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

キリスト教伝来の地

1549年(天文18年),日本最初のキリスト教伝道者フランシスコ・ザビエルの一行が鹿児島に上陸しました。彼らを案内したのは鹿児島人アンジロウ(ヤジロウ)でした。
当時の島津家当主島津貴久は,ザビエルとアンジロウを招き布教を許可しました。しかし,この頃よりポルトガル船が肥前平戸など鹿児島以外の港に来航するようになり,やがて領内での布教を禁止しました。
 
キリスト教伝来の地の記念碑写真

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部広報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?