更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

日の丸 発祥の地

薩摩藩主島津斉彬は,1853年(嘉永6年)11月,幕府に大船・蒸気船建造申請を行った時,日本船の総印として白い帆に朱の日の丸を使用しました。さらに,「日の丸」を日本全体の船印にするよう進言しました。幕府もその必要性を認め,日の丸を日本全体の船印とする旨を1854年(安政元年)全国に布達しました。
1855年(安政2年),薩摩藩が建造した昇平丸が江戸・品川に入港した時に,初めて我が国の船印として日の丸が揚げられました。
1870年(明治3年)1月27日,日の丸は日本の国旗として制定されました。
 
昇平丸の模型の写真

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?