ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費者トラブル緊急情報 > 【消費者庁】冬物ブランド衣料品の偽物を格安で販売する「CGJP株式会社」に関する注意喚起

更新日:2019年2月26日

ここから本文です。

【消費者庁】冬物ブランド衣料品の偽物を格安で販売する「CGJP株式会社」に関する注意喚起

平成29年10月以降,インターネットの通販サイトで冬物のブランド衣料品を注文したところ,「偽物が届いた」といった相談が各地の消費生活センターや国民生活センター越境消費者センター(CCJ)等に数多く寄せられています。
消費者庁が調査を行ったところ,「CGJP株式会社」(以下「CGJP」といいます。)との取引において,消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)が確認されました。

詳細は下記の消費者庁ホームページをご覧ください。

注意していただきたいこと

  1. CGJPのウェブサイトは,日本語で記載されていたものの,所々に日本語の「字体」や「文章表現」がおかしいものが認められました。近年は簡単に見分けることができない詐欺・模倣品を扱う通販サイトが多くなっていますので,少しでも不安を感じた場合は購入を控えてください。
  2. 平成31年2月5日,CGJPのウェブサイトにアクセスしたところ,事業者名が「益天合同会社」(注1)に変更されていました。ウェブサイトに日本国内の事業者名が記載されていても,実在しない場合もありますので,契約をする前に事業者名や所在地をよく確認してください。
    (注1)同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。
  3. 電話番号やメールアドレスが記載されていたとしても,海外に転送されている場合もありますので,契約前に,ウェブサイトに記載されていた連絡先に問い合わせるなどして,事業者の存在をよく確認してください。
  4. 取引に関して不審な点があった場合は,お金を支払う前に,各地の消費生活センター等や警察に相談しましょう。
    海外事業者とのトラブルについては,国民生活センター越境消費者センター(CCJ)でも相談を受け付けています。

消費者ホットライン

(局番無し)188
最寄りの消費生活相談窓口につながります。

警察相談専用電話

(局番無し)#9110

国民生活センター越境消費者センター(CCJ)

国民生活センター越境消費者センター(CCJ)ホームページ(外部サイトへリンク)
※海外事業者とのトラブルのみ

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

総務部男女共同参画局消費生活センター

消費生活相談は消費者ホットラインまで
(局番なし)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?