更新日:2017年11月25日

ここから本文です。

上場遺跡出土の遺物

上場遺跡出土資料


鹿児島県で最初に発掘された、旧石器時代の遺跡で、出水市上大川内字池之段にある。遺跡は、標高約450mの上場小学校前の丘にある。付近一帯は上場高原と呼ばれている。
1965年、池水寛治によって発見され、5回発掘調査が行われた。その結果、約3万~1万年前の文化層が確認され、ナイフ形石器文化→細石器文化への移りかわりや、爪形文(つめがたもん)土器と細石器の関係が層位的に確認された。また、我が国初の旧石器時代住居跡の発見など、全国に知られている。
住居跡は、3.5m×3.7mの円形プランと3.7m×7.3mの楕円形(だえんけい)プランの2基が検出された。
鹿児島県で初の旧石器時代の発掘であったことや、約3万年前から1万年の間に5時期の生活の跡が確認された遺跡であるとして注目されている。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史資料センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?