更新日:2017年11月25日

ここから本文です。

広田遺跡貝製品

広田


南種子町の砂丘上にある,弥生時代から古墳時代にかけての遺跡で,上下2層から150体以上の人骨が発見された。下層は屈葬で,サンゴ塊を周囲に置いたものが多く,巫女(みこ)らしい女性などがていねいに埋葬されていた。上層は集骨再葬墓である。
上,下層ともに多量の貝製の副葬品が出土した。上層人骨には,死者に供えるために作られた貝札が,下層人骨には,貝符,貝小玉,貝輪など生前の装身具が主に,副葬されていた。素材には南海産のゴホウラ,オニニシ,イモガイ,オオツタノハなどが使われている。
ここでは,貝製品の複製品および想定復元品を展示している。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?