更新日:2017年11月25日

ここから本文です。

松ノ尾遺跡貝製品

枕崎市教育委員会蔵【複製】

松之尾


枕崎市汐見町松ノ尾の弥生時代終わりから古墳時代にかけての墓地。花渡川の河口左岸に形成された海岸砂丘に位置する。1972年,砂丘南側が工事によって削りとられ,埋葬遺構,土器,鉄器,貝輪などが出土した。1979年,区画整理による発掘調査が行われ,土壙墓(どこうぼ)24基が,砂丘北側に見つかった。鉄刀・鉄鏃(てつぞく)などが副葬され,墓域全体に壺・高坏(たかつき)などがおかれた。また,南海産の大型貝であるゴホウラ,イモガイ,オオツタノハの貝輪は,鍬形石,車輪石,石釧の祖形と考えられ,全国から注目をあびている。
ここでは貝製品の複製を展示している。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?