ホーム > くらし・環境 > 廃棄物・リサイクル > ごみの排出抑制 > 「30・10(さんまる・いちまる)運動」について

更新日:2019年1月9日

ここから本文です。

「30・10(さんまる・いちまる)運動」について

30・10運動」の呼びかけで「食べきり」を実践しましょう!

林水産庁の調査(平成27年)によると,宴会では,提供された料理の2割近く(飲料除きで19%,混みで14%)が食べ残されており,その量は,食堂・レストラン等での通常の昼食の場合と比べて,飲料除きで約8倍(提供料1.5倍×食べ残し割合5.3倍),飲料込みで約18倍(4.5倍×4.0倍)にもなります。

こで,宴会・会食等の予約をする際に,できるだけ参加者の年齢層・男女比・好みなどに合わせた店選びや適量メニューの注文に心がけ,宴会中には,幹事等から次のような「30・10(さんまる・いちまる)運動」の呼びかけを行い,食べきりを実践しましょう。

▶乾杯後30分間<味わいタイム>席を立たずに料理を楽しみましょう。表

▶お開き前10分間<食べきりタイム>自席に戻り,残った料理を食べきりましょう。

 

 

 

「30・10運動」の実践にこちらを活用してください。

リーフレット(PDF:966KB)

宴会案内文等に挿入する呼びかけ画像

詳細版(PDF:202KB)

簡易版(PDF:166KB)

ミニ版(PDF:188KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部廃棄物・リサイクル対策課

電話番号:099-286-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?