ホーム > くらし・環境 > 自然保護 > 野生生物保護 > 県内外来種 > 特定外来生物「ヒアリ」「アカカミアリ」について

更新日:2019年11月11日

ここから本文です。

特定外来生物「ヒアリ」「アカカミアリ」について

特定外来生物に指定されている「ヒアリ」「アカカミアリ」に関する情報

特定外来生物「ヒアリ」について

2016年(平成28年)6月に国内で初確認されて以降,これまで兵庫県・愛知県・大阪府・東京都などで確認されています。

現在のところ,県内では確認されていませんが,物流に伴う貨物船のコンテナ等から侵入するおそれがありますので,万が一,疑わしいアリを発見した場合は,絶対に素手で触らないようにしてください。

 

ヒアリ画像(環境省提供)

 

画像については,環境省提供

<刺された場合の対処法(参考)>

【刺された直後の対応】
  • 体調に変化がなくても,20~30分程度は刺された部位を冷たいタオルや保冷剤などで冷やしながら安静にする。
【刺されてすぐに息苦しさなどの症状が出た場合】
  • すぐに一番近い病院を受診する。(救急受け入れのある病院が望ましい。)
  • 「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝え,すぐに治療をしてもらう。

ヒアリは強い毒性を持っており,噛まれるとアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こし,処置が遅れると最悪の場合死に至るケースもあります。

<駆除の方法(参考)>

  • 殺虫剤(スプレー式等)を散布する。
  • 熱湯をかける。

特定外来生物「アカカミアリ」について

国内でのアカカミアリの確認事例は,兵庫県・大阪府・愛知県などで確認されています。

アカカミアリは,ヒアリに比べると毒性は弱いとされていますが,刺されると非常に激しい痛みを覚え,水疱状に腫れるなどの健康被害が発生します。

現在のところ,県内では発見されておりませんが,ヒアリと同様に侵入するおそれがありますので,アカカミアリと疑わしいアリを発見した場合は,絶対に素手で触らないようにしてください。

 

アカカミアリ画像(環境省提供)

画像については,環境省提供

<刺された場合の対処法(参考)>

  • 刺された直後の対応は,ヒアリに刺された場合に準ずる。
  • 症状によっては,病院を受診することが望ましい。

<駆除の方法(参考)>

  • 殺虫剤(スプレー式等)を散布する。
  • 熱湯をかける。

【参考資料(ヒアリ)】

【参考資料(アカカミアリ)】


よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部自然保護課

電話番号:099-286-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?