ホーム > くらし・環境 > 自然保護 > 奄美群島 > 「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」に係る国際自然保護連合(IUCN)による評価結果及び勧告について

更新日:2018年5月4日

ここから本文です。

「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」に係る国際自然保護連合(IUCN)による評価結果及び勧告について

平成30年の世界遺産登録を目指し取組を行っている「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」について,ユネスコの諮問機関であるIUCNから評価結果及び勧告が通知されましたのでお知らせします。

(1)IUCNの評価結果及び勧告について

「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」については,「記載延期」が適当との勧告がなされた。

 

環境省報道発表資料(PDF:279KB)

 

(2)「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」の世界遺産登録に向けたこれまでの経緯

平成15年5月:「世界自然遺産候補地に関する検討会」(環境省,林野庁合同)を開催し,世界自然遺産の候補地として選定

平成25年1月:国が世界遺産暫定一覧表に記載を決定(ユネスコ世界遺産センターへ暫定リスト追記申請書を提出)

平成29年2月:ユネスコ世界遺産センターへ世界遺産推薦書提出

平成29年10月:IUCNによる現地調査

 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部自然保護課奄美世界自然遺産登録推進室

電話番号:099-286-2759

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?