ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症 > エイズ関連情報 > 『鹿児島レッドリボン月間』について

更新日:2016年11月14日

ここから本文です。

『鹿児島レッドリボン月間』について

1鹿児島レッドリボン月間とは

「レッドリボン」をシンボルにした運動は,ニューヨークのアーティスト達が,エイズによって亡くなっていった仲間たちに対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すために始まりました。その考えに共感した人々によって世界的な「レッドリボン運動」として発展してきています。

なお,レッドリボンはUNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークとしても採用されています。

また,12月1日の「世界エイズデー」は,WHO(世界保健機関)が1988年に「エイズのまん延防止及び感染者・患者に対する差別・偏見の解消を図る」ことを目的として定めました。

本県では,これらの趣旨に賛同し,世界エイズデーを中心とする1か月間を「鹿児島レッドリボン月間」と定め,エイズに関する正しい知識の普及啓発を実施することにより,エイズの予防及び感染者・患者等が尊厳をもって暮らせる社会づくりを推進しています。

H28ポスター

2催・後援

〈主催〉

鹿児島県

〈後援〉

鹿児島県教育委員会,鹿児島県市長会,鹿児島県町村会,公益社団法人鹿児島県医師会,公益社団法人鹿児島県歯科医師会,公益社団法人鹿児島県薬剤師会,公益社団法人鹿児島県看護協会,一般社団法人鹿児島県臨床検査技師会,一般社団法人鹿児島県臨床心理士会,鹿児島県地域女性団体連絡協議会,鹿児島県赤十字血液センター,株式会社南日本新聞社,株式会社南日本放送,鹿児島テレビ放送株式会社,株式会社鹿児島放送,株式会社鹿児島読売テレビ,NHK鹿児島放送局,株式会社エフエム鹿児島,鹿児島シティエフエム株式会社

3成28年度「世界エイズデー」キャンペーンテーマ

「知っていても,分かっていても AIDS IS NOT OVER」

[テーマの趣旨]

治療法の進歩により,エイズの原因ウイルスであるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染したHIV陽性者が長く生きていくことが期待できるようになった。これは,社会的に既に多くのHIV陽性者が働き,学び,生活していることを示している。
職場や学校,医療機関など生活の様々な場所でHIV/エイズに対する差別・偏見の解消等を図り,HIV陽性者が社会で安心して生活できるよう,環境を整えることが一層重要となっている。

2015年1年間における新規HIV感染者報告数は1,006件,感染に気づかずにエイズを発症して報告された新規エイズ患者報告数は428件,合計は1,434件で,全体に占める新規エイズ患者の割合は約3割で推移していることからも,依然として予断を許さない状況である。

HIV/エイズは,まだ終わっていない。
だからこそ,一人ひとりが,それぞれの立場から「予防,検査,治療,支援,理解」という具体的行動をとることが求められており,効果的なHIV感染予防対策を実施していく上では,5つの行動すべての実践が重要である。

4な催し

エイズ予防推進街頭キャンペーン

日時:平成28年11月19日(土曜日)午前10時から正午まで

場所:鹿児島中央駅

内容:パンフレット・啓発グッズ等の配布,レッドリボンツリーの展示

県内の各保健所でも,鹿児島レッドリボン月間中にキャンペーンを実施します。

各保健所での休日・平日夜間検査

(1)実施保健所,実施日時等

鹿児島レッドリボン月間中,各保健所では,休日・平日夜間でのHIV検査を実施します。

HIV検査実施日時表(PDF:29KB)

(2)所要時間等

検査結果は1時間ほどで分かります。また,検査は匿名,原則無料で受けられます。

(3)通常期間のHIV検査について

所要時間等は同じです。詳しくは,エイズの予防についてをご覧ください。

5成28年度世界エイズデーポスターコンクール入賞作品

公益財団法人エイズ予防財団が主催する世界エイズデーポスターコンクールにおいて,次のとおり鹿児島県内の方が入賞されました。おめでとうございます。

小学生の部「佳作」竹之内梨菜さん(曽於市立諏訪小学校6年生)

H28世界エイズデーポスター(県内受賞者)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2724

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?