ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報提供

更新日:2021年4月14日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報提供

新型コロナワクチンについて皆様に知ってほしいこと(表)(PDF:2,632KB)

新型コロナワクチンについて皆様に知ってほしいこと(表)(PDF:4,241KB)

(外国語対応の予診票・説明書・接種のお知らせ)

クチン接種に際しては,事前に予診票の質問事項に回答する必要がありますが,質問事項の中に「現在,何らかの病気にかかって,治療(投薬など)を受けていますか。」という項目があり,該当する方については「その病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けてよいと言われましたか。」にお答えいただく必要があります。このため,該当する方におかれましては,事前に主治医にワクチン接種についてご相談くださるようお願いします

た,ワクチン接種の前に,新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社制)(PDF:791KB)をご確認ください。

1ワクチン接種の目的

型コロナウイルス感染症の発症を予防し,死亡者や重症者の発生をできる限り減らし,結果として新型コロナウイルス感染症のまん延防止を図ることを目的としています。

2クチン接種の実施体制

クチン接種は,国の指示のもと,都道府県の協力により,市町村において実施します。

3クチンの接種順位について

(1)療提供体制の確保等のため,まずは医療従事者等への接種,次に重症化リスクの大きさ等を踏まえ,高齢者,その次に高齢者以外で基礎疾患を有する者,高齢者施設等の従事者に接種することを検討中であり,国が今後速やかに決定することとなっています。

(2)の後,それ以外の者に対し,ワクチンの供給量等を踏まえ順次接種をできるように

4クチンの副反応疑い報告について

において,これまでに報告された新型コロナワクチンの副反応疑い報告など、新型コロナワクチンの接種後の副反応(副作用)に関する情報を発信しています。

5防接種健康被害救済制度

般的に,ワクチン接種では,副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が,極めて稀ではあるものの,なくすことができないことから,救済制度が設けられています。

済制度では,予防接種によって健康被害が生じ,医療機関での治療が必要になったり,障害が残ったりした場合に,予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

型コロナワクチンの接種についても,健康被害が生じた場合には,予防接種法に基づく救済を受けることができます。

済制度の内容は,厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

 

から鹿児島県へのワクチンの配送状況

1療従事者等向けワクチンの配送量

第1弾
  • 3月1日の週10箱(5回接種)9,750回分3週間後に2回目接種分が配送
  • 3月8日の週10箱(5回接種)9,750回分3週間後に2回目接種分が配送
第2弾
  • 3月22日の週4(5回接種)3,900回分3週間後に2回目接種分が配送
  • 3月29日の週4(5回接種)3,900回分3週間後に2回目接種分が配送
第3弾
  • 4月12日の週17箱(6回接種)19,890回分3週間後に2回目接種分が配送
  • 4月19日の週17箱(6回接種)19,890回分3週間後に2回目接種分が配送
第4弾(最終)
  • 5月3日の週数未定
  • 5月10日の週数未定

1箱に195瓶(バイアル)のワクチンが入っており,1瓶から5回分(第1,2弾)または6回分(第3,4弾)の接種が可能。

2齢者等向けワクチンの配送量

第1クール

4月5日の週2

  • 鹿児島市,大和村へ1箱ずつ配送
第2クール

4月12日の週10箱

  • 鹿児島市へ3箱
  • 宿市,薩摩川内市,出水市,霧島市,姶良市,鹿屋市,奄美市へ1箱ずつ配送
第3クール

4月19日の週10箱

  • 鹿児島市へ3箱
  • 十島村,日置市,霧島市,曽於市,志布志市,垂水市,屋久島町へ1箱ずつ配送
第4クール

4月26日の週

  • ての市町村へ1箱ずつ配送

 

種実績

 

日付

接種回数(累計)(※)

内1回目

内2回目

施設数(※)

4月2日

21,174回

19,367回

1,807回

227施設

(※)接種回数(累計)及び施設数は,各施設からワクチン接種円滑化システム(V-SYS)を通して報告があったもの

 

ワクチンに関する相談窓口

鹿児島県新型コロナワクチンコールセンター

クチン接種後の副反応等を含め,ワクチンに関する専門的な相談を受付けています。

  • 電話番号:099-833-3221(コロナ相談かごしま)
  • 受付時間:午前10時~午後5時(土日・祝日を含む)

7か国語で対応しています。(英語・中国語・韓国語・ベトナム語・タイ語・スペイン語・ポルトガル語)

聴覚障害のある方につきましては,FAXでの相談を受付けています相談の際は,ワクチンFAX相談票(PDF:51KB)をご活用ください。

  • FAX番号:099-225-0672

副反応について

 

市町村におけるコールセンター

種券に関すること・接種方法,接種場所などについてのお問合せ

町村コールセンター一覧(3月31日時点)(PDF:52KB)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

  • 電話番号:0120ー761ー770(フリーダイヤル)
  • 受付時間:午前9時~午後9時(土日・祝日を含む)

ファイザー社新型コロナウイルスワクチン特設コールセンター

  • 電話番号:0120-146-744
  • 受付時間:午前9時~午後8時(月曜日~土曜日)

厚生労働省新型コロナウイルス関連及び新型コロナワクチンについての聴覚障害がい者窓口相談

クチンに関する国からの情報

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-3301

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?