ホーム > 健康・福祉 > 衛生・動物愛護 > 食品衛生 > 食中毒関係情報 > グロリオサ(有毒植物)について

更新日:2020年3月4日

ここから本文です。

グロリオサ(有毒植物)について

令和2年1月,鹿児島県内でグロリオサの球根と疑われる植物を食べたことによるコルヒチン食中毒死亡事故が発生しました。グロリオサについて知り,誤食による食中毒を防ぎましょう。

グロリオサ

    イヌサフラン科植物で,花が美しいので園芸植物として市販されてます。橙色,黄色花などがあります。葉の先が細長い巻きひげとなるのが特徴的です。全草に有毒成分であるコルヒチンを含有し,とくに地下部に多くなっています。塊茎は,ヤマイモ等に酷似しており,誤食による食中毒の報告があります。

コルヒチン

    アルカロイドの一種で,口腔・咽頭灼熱感,発熱,嘔吐,下痢,背部疼痛などを発症,臓器の機能不全などにより死亡することがあります(最小致死量は経口で86μg/kg)。

     

    左より,グロリオサ花姿,グロリオサ自生状態,グロリオサ球根の画像(高知市ホームページから引用)

    グロリオサ花姿グロリオサ自生状態グロリオサ球根

県民の皆様へのお願い

  • 家庭菜園や畑などで,野菜と観賞植物を一緒に栽培するのはやめましょう。
  • 食用と確実に判断できない植物を食べるのはやめましょう。
  • 食用の植物だと思っても,植えた覚えのない植物を食べるのはやめましょう。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部生活衛生課

電話番号:099-286-2786

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?