更新日:2018年3月2日

ここから本文です。

韓国全羅北道

韓国全羅北道とは,平成元年(1989年)10月に調印した「友好協力の推進に関する共同宣言」に基づき,各般の交流を推進するとともに,平成6年(1994年)からは,「鹿児島・全羅北道交流会議」を核として,行政間交流をはじめ,青少年・文化芸術交流などを展開してきた。

平成21年(2009年)からは,実務レベルで協議する交流協議会を2年ごとに交互の地で開催することとし,この協議会での合意に基づき,文化芸術交流等を行っている。

鹿児島・韓国全羅北道交流会議風景の写真
 
【全羅北道の概要】
  • 面積
    8,067平方キロメートル
  • 人口
    186.4万人(2016年)
  • 道都
    全州市
  • 歴史・風土
    かつて,後期百済王朝がこの地方に都を置き,また,朝鮮王朝の発祥地でもあるため,歴史的遺産が多い地域である。この地方は,伝統的韓国料理の里としてもゆう
  • その他
    • 百済の首都
    • 朝鮮王朝発祥の地
    • 茶,野菜の名産地
    • ビビンバ発祥の地
    • 首都ソウルから全州市まで特急列車で約3時間半,高速バスで約3時間

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部国際交流課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?