更新日:2017年1月24日

ここから本文です。

中国江蘇省

鹿児島県と江蘇省は,昭和60(1985)年から農業分野での技術交流を契機に,海外技術研修生や国際交流員の受入れ,訪問団の相互派遣,青少年の派遣などを通じて交流を深めてきました。
これらの交流の実績を踏まえ,平成10(1998)年8月に,第1回鹿児島県・江蘇省交流協議会を開催し,交流促進のための意見交換等を行い,以来,毎年相互の地で開催しています。
平成29(2017)年1月12日には,第19回交流協議会を江蘇省南京市で開催し,行政,観光,青少年等の幅広い分野の交流について協議を行いました。
今後も,この交流協議会を柱に,幅広い交流を促進することとしております。
 
中国江蘇省の風景写真
 
【江蘇省の概要】
  • 人口
    7,976万人
  • 面積
    10.26万平方キロメートル
  • 省都
    南京市(人口822万人)
  • その他
    • 中国大陸の東都沿海地区に位置し,長江,准河の下流域に広がる。東は黄海,西は安徽省に連なり,南は上海,北は山東省と境界を接する。
    • 亜熱帯から温帯に広がり,気候は温暖で降水量も多い。
    • 平坦な地形で平原が広く,川湖が豊富にあり,河川網が発達している。
    • 肥沃な耕地が比較的多く,全国有数の穀倉地帯である。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部国際交流課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?