ホーム > 社会基盤 > 公共事業 > 技術管理・検査 > 生産性向上・担い手確保 > 「ICT活用工事」の試行について

更新日:2019年10月11日

ここから本文です。

「ICT活用工事」の試行について

県土木部が所管する建設工事において,ICT活用工事の試行を実施します。

対象工事

  • 河川・道路・砂防・海岸の「一般土木工事(災害復旧工事をは除く)」で,土工量1,000立方メートル以上かつ予定価格3,000万円以上の工事を対象とします。

「ICT活用工事」の定義

  • 次に示す(1)~(5)全ての施工プロセスにおいてICTを活用する工事です。

(1)3次元起工測量

(2)3次元設計データ作成

(3)ICT建設機械による施工

(4)3次元出来形管理等の施工管理

(5)3次元データの納品

試行概要

  • 施行工事の対象である場合は,特記仕様書に明記します。
  • 「ICT活用工事」への取組は,受注者が判断します。(受注者希望型)
  • 平成30年2月1日から適用します。
  • 平成30年12月26日から積算要領を改定します。
  • 令和元年9月27日から積算要領を改定します。

試行要領等

施工計画書等記載例

関連情報


よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課技術管理室

電話番号:099-286-3515

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?