ホーム > 社会基盤 > 公共事業 > 技術管理・検査 > 生産性向上・担い手確保 > 『週休2日』試行工事の実施について

更新日:2020年3月27日

ここから本文です。

『週休2日』試行工事の実施について

県土木部が所管する「週休2日」試行工事において,実施要領を一部改定しました。
(単価適用日が「令和2年4月1日」以降の工事に適用)

対象工事

県土木部が所管する事業(営繕事業を除く)において,以下のいずれにも該当しない工事を対象とします。
  • 竣工期限を設定して執行する工事(繰越予定工事は除く)
  • 災害復旧工事を含む緊急性のある工事
  • その他休日の確保が困難であると判断される工事

「週休2日」の定義

1週間のうち土・日曜日の休日取得を目標に,4週6休以上の休日を確保し,当該現場は完全閉所とすることとします。

  • 4週6休以上とは,対象期間内の現場閉所日数の割合が21.4%(6日/28日)以上の状態をいいます。
  • 完全閉所とは,工事及び測量等の現場作業(保守点検等の現場管理上の必要な作業は除く)や現場事務所での事務的作業など,一切の作業を行っていない状態をいいます。

試行概要

  • 試行工事の対象である場合は,特記仕様書に明記します。
  • 「週休2日」への取組は,受注者が判断します。(受注者希望型)
  • 受注者は,「週休2日試行工事」である旨を看板等で現場に掲示します。
  • 試行要領第3条に規定する条件を満たす場合は,対象期間内の現場閉所日数の割合に応じて,同要領第8条に規定するそれぞれの経費に補正係数を乗じた補正を行います。
  • 今回改定する実施要領は,単価適用日が「令和2年4月1日」以降の工事に適用します。

試行要領等

(単価適用日が「令和2年4月1日」以降の工事については,次の実施要領が適用されます。)

 

(単価適用日が「令和元年7月15日」から「令和2年3月1日」の工事については,次の実施要領が適用されます。)

 

(単価適用日が「令和元年5月1日」以前の工事については,次の実施要領が適用されます。)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課技術管理室

電話番号:099-286-3515

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?