ホーム > 社会基盤 > 公共事業 > 技術管理・検査 > CALS/EC > 電子入札システムでの案件検索方法(簡易版)

更新日:2012年8月2日

ここから本文です。

電子入札システムでの案件検索方法(簡易版)

電子入札システムで指名通知を受けたはずなのに,システムを開いても案件が表示されない・・・といった場合は,下記の要領を確認してから再度,案件検索してみてください。
電子入札案件を検索するのに最低限必要となる条件設定は「部局」です。電子入札(模擬入札を含む)を実施している発注機関の部局名を確認してから案件検索を行ってください。
(模擬入札は「土木部監理課」で実施しているので部局名は「土木部」になります。)

調達案件検索の具体例

電子入札システムへの接続が完了したら,画面左の「簡易調達案件検索」のボタンを押します。すると簡易調達案件検索の画面が表示されます。
簡易調達案件検索画面では,部局名を設定します。(模擬入札では「土木部」を選択します。)他の条件は特に設定しなくても結構です。既に完了している入札案件を表示したくない場合は,「結果登録済みの案件を表示しない」にチェックを入れてください。
設定が完了したら画面左の「調達案件一覧」のボタンを押します。
電子入札システム簡易調達案件検索画面
 
調達案件一覧の画面が表示され,現在参加可能な入札案件一覧が表示されます。参加可能な調達案件には,「一般競争入札」等のシステム利用者ならば誰でもみる事のできる案件と,「指名競争入札」等の指名通知を受けた者だけがみることができる案件があります。
調達案件一覧画面
 
申請書や入札書を提出できるのは各調達案件に設定されている「受付時間」の間のみです。入札書の提出等は,「入札状況一覧」のボタンから行います。
より詳細な案件検索の方法や入札書提出の方法については,電子入札システムの操作手引書を参照してください。
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部監理課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?